ブレスマイルクリアの全成分

徹底解析!配合されている全成分の効果と副作用危険度を一覧で紹介!

 

今回はブレスマイルクリアの全成分効果とその副作用危険度をまとめた結果をお伝えします。

 

安全性の高いホワイトニング歯磨き粉で、確実に歯を綺麗にしたい…そんな人はこの記事の内容をしっかり読んでいって下さいね!

 

成分名 効果 副作用の危険性
ソルビット液 口の中の熱を奪うことで、清涼感を感じる効果があります。安全性が高いことでも有名。
濃グリセリン 化粧品に多用される成分。保湿、感触の調整といった役割があります。
チャエキス(1) もともとお茶にあるといわれている抗酸化作用や収れん作用をえることが出来ます。殺菌効果で炎症を抑える力や、消臭効果にも注目されています。
1,3-ブチレングリコール エタノールが使えない人にとって、その防腐効果が嬉しい成分です。保湿性も優れています。
ローズマリーエキス 古くから薬として用いられてきた成分。血行促進作用、抗酸化作用を得られます。ホワイトニングにも効果が見込めます。
ノバラエキス 化粧品に多用される成分。水分保持力があるため保湿効果が高いです。皮膚の細胞が活性化することでアンチエイジングもかなう成分です。
クマザサエキス 古くから炎症を抑えたり」」・止血をするために利用されてきた成分です。口臭を予防するという効果があります。
ホエイ(2) ヨーグルトやチーズの上澄み液ですが、その乳酸菌が歯を白くします。
水素添加大豆リン脂質 皮膚のバリア機能を回復させることが出来ます。また、皮膚の保湿機能を強化します。
ウーロン茶エキス 抗酸化作用があることは広く知られていますが、歯垢除去力があり、歯周病を予防します。
ホップエキス ビールに含まれ、その殺菌性のおかげで品質保持が出来ます。また、アレルギー症状を抑制する力もあります。
ドクダミエキス 薬草として知られるドクダミ。抗菌力の強さで肌荒れを防止、保護します。
トウキエキス(1) 炎症を抑える作用、鎮痛作用があるため、古来より薬として用いられてきました。
ワレモコウエキス 抗菌、収れん、消炎作用があるのはタンニンやサポニンが含まれているおかげです。
シャクヤクエキス 血行を促進し、皮膚に起きた炎症を抑える力があります。
ポリアスパラギン酸ナトリウム液 歯を白くする力に期待し配合されていますが、水分保持に優れた保湿性の高い成分です。
海藻エキス(4) 細胞を活性化させるので育毛剤に多用されています。保湿、抗酸化作用もあります。
オリブ油 健康に良いことは言わずと知れた成分ですが、歯と歯の間の細かい汚れを落とし、口臭を防ぐといった効果もあります。
ヒアルロン酸ナトリウム(2) 元来人の身体に存在する成分なので安全性が高いです。保水力の高さで口の中を正常に保つという効果があります。
シルク末 歯を白くするために配合されています。コラーゲンを活性化させる作用もあります。
DL-リンゴ酸 保存料として、pH調整剤として、また、乳化剤として配合されることが多い成分です。
パール末 歯に白さと輝きを与える成分です。
精製水 ろ過することで清潔にした水です。余分なものを取り除く力があり、結果後から使用するものの浸透力を高めることが出来ます。
無水ケイ酸 ステインを除去するのに広く利用されるようになりました。いわゆる研磨剤です。
エタノール 殺菌力が高いので、防腐効果目的で配合されています。
ヒドロキシアパタイト 遅行除去のみならず、歯についた細かい傷を埋めることでエナメル質を修復、補強します。
2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン 界面活性剤。ただ、毒性や刺激性は低いので安心できる成分です。
ポリエチレングリコール400 タバコを吸うことで歯に付着する、いわゆる屋に汚れを取り除くことが出来ます。
ゼオライト 歯石の沈着を予防します。さらに口臭を予防します。
フッ化ナトリウム フッ素として歯科医でも虫歯予防に使われている成分です。
グリチルリチン酸ジカリウム 歯磨き粉に多く使用されているので有名な成分でです。歯周病や歯肉炎の予防、口臭予防といった効果が得られます。
塩化セチルピリジニウム 口の中の細菌が繁殖させない力があり、その結果、虫歯や口臭を防ぐことが出来ます。
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 香料などを製品の中に溶かすという目的で配合されているほか、界面活性剤としての役割も果たします。
キサンタンガム 感触を良くする、結合剤として使用するといった目的で配合されることが多いですが、保湿効果や増粘効果も得られます。
酸化チタン 日焼け止めには紫外線散乱効果を目的として配合されています。ブレスマイルクリアでは着色目的で配合されているようです。
グンジョウ 古くから使用されていう顔料。着色剤です。
シアノコバラミン ビタミンB12のことであり、水溶性のビタミンです。
香料 抗菌・防腐作用といった実用面も期待出来ますし、その香りによってリフレッシュすることもできます。
l-メントール スッとするハッカの香りの成分。揮発性があるので口の中に清涼感も得られます。
キシリット 近年非常に注目されている成分です。歯垢の中に酸が出来るのを抑えてくれます。
ステビアエキス カロリーが低いので甘味料として食品でも重宝されています。
安息香酸ナトリウム 抗菌作用があるため、保存料としての役割を果たしています。
メタリン酸ナトリウム 歯石の沈着を防ぐとともに、白い歯になれるサポートを行います。
無水エタノール 抗菌、殺菌作用による防腐効果はもちろんのこと、必要な成分を浸透しやすくする成分です。
アスコルビン酸 水溶性ビタミンであり、抗酸化作用が強いです。
天然ビタミンE 毛細血管を広げることで、皮膚のすみずみにまで血液を巡らせる効果が得られます。
無水クエン酸 キレート作用、収れん作用に注目が集まってきています。pH調整剤として利用されることも多いです。
クエン酸ナトリウム 酸化防止剤、pH調整剤として力を期待され、食品に添加されることが多い成分です。

 

副作用の危険性:当サイトの基準で判定

 

ブレスマイルクリアには実際にどんな成分が含まれてるのか、危険な添加物が入ってないかを調べてみました。

 

ブレスマイルクリアには石油系界面活性剤・鉱物油・シリコーン・漂白剤・パラベン・紫外線吸収剤などといった体に害のある成分は一切使われていません!

 

またブレスマイルクリアはISO認定の国内工場で製造しているのでとっても安全です。体に害のない安心して使えるブレスマイルクリアをぜひ試してみてください!

ホーム RSS購読 サイトマップ